COLUMN 社長コラム

アウトランダーPHEVについて

2020.04.30

かなり前にリーフの有用性について 書いたときに アウトランダーについても次回書くと言ってそのままになっていました。

まずは 私が乗っているアウトランダーの運転席のメーターをアップします。

 

電気走行→35キロ

ハイブリッド走行→613キロ

 

となっています。 これは ガソリン満タン 充電100%です。

少ない!! と思う方が多いでしょう。 35キロという距離は

 

・季節が冬だった。

・街乗りばかりで走行距離が通常の43キロよりも低く表示されている

・すでに75000キロ以上走っている。

 

という要素によって さらに短くなってる状態です。 通常は40キロ以上走ります。

私は社用車として毎日乗っていますが、 365日のうち バッテリーを使い切る日はかなり少ないです。

殆どの人が 毎日40キロ以上走ることはないと思います。

自動車は資産形成をする際に、教育費の次に 家庭の出費が多くなる臨時出費となります。

これは自動車の出費を抑えれば 劇的に家計が楽になることを意味します。

 

私の使い方は以下のような感じです。

 

1台目 中古リーフ

170キロ前後走るので 短距離、中距離で使用

2代目 中古アウトランダーPHEV

短距離で主に使用
長距離はハイブリッド走行で L19キロ位
多くの荷物を乗せるとき
4人以上乗るとき(5人乗り)

 

うまく使えば 殆どガソリンを給油することがない です。

深夜電力で充電するので 電気代もほとんど上がりません。

昼間に充電すると太陽光発電があるので燃料代は無料です。

また、バッテリー交換を行えば エンジン載せ替えと同じなので、車を買い替える必要もありません。

まだ 細かい計算はしていませんが、これにより 生涯で数百万円の老後資金の差が出るはずです。

車に大きなこだわりがなく、家計を改善したい方には最適です。

一覧へ戻る