COLUMN 社長コラム

今後の更なる電気代の高騰にどう対応していくか

2022.05.01

電気代高騰が想定を超えるスピードで進んできました。

日本は福島で大きな被害を被りましたがにも拘らず、

ヤフーのコメント欄では原発再稼働の意見に「いいね」

をクリックする人が9割を超え、少し驚きました。

一時的には原発再稼働も考えざるを得ないと思いますが、

、、

日本の場合、電気代高騰の原因は他国と比較するとより

複合的なものです。

円安・輸入価格高騰・国際競争力の低下

この3つが電気代高騰の根本的原因です。

今後も続く可能性が高いと思いますし、ウクライナ戦争の

影響は夏ごろから顕在化してくると思います。

家庭の光熱費を抑えるには

イニシャルコストは資材の価格上昇と連動するため抑える

ことは難しいですが、ランニングコストを下げることは

可能です。

①住宅の断熱性能を強化して空調の電気代を抑える。

②太陽熱温水器を利用して給湯コストを抑える

③太陽光発電を利用して空調と家電の電気代を抑える

蓄電池を利用して発電したエネルギーを貯蔵する

 

⑤光熱費の効率的な節約を行う

この全てを駆使することで、イニシャルコストはかかるが

ランニングコストが非常に安く、電気代高騰の影響を受けに

くい住宅(他社比較80%減)を造ることが可能です。

勿論全てを一度に導入するのは予算的な問題もありますが、

当社にご相談いただけば予算に合わせた最適な提案をいたします。

この点は当社の最大の強みだと思っています。

一覧へ戻る