COLUMN 社長コラム

外壁の耐久性について

2020.05.31

見学会などで、よく聞かれるのが、

外壁はどのくらいでメンテナンスが必要ですか?」という質問です。

今回は窯業系サイディングに話を絞ります。 タイトルの画像がサイディングですね。

よく見かけると思います。

このサイディングは「シーリング」という接着剤のようなもので張り合わされています。

この溝になっているところですね。

外壁で一番最初に劣化するのがこの部分です。

一般的には10年位でシーリングを打ち直したほうがよいとされています。

劣化したシーリングを放置するとどうなるのか?

雨漏りのリスクが高まります。 

 

サイディング自体は 通常品だと「15年塗膜保証」が付いていますので、15年くらいは色褪せはあまりしないと考えられます。

色褪せが気にならなければ30年近くサイディング部分はノーメンテでも大地震でひび割れしない限りは、雨漏りはしないと思います。

つまり、

シーリングの耐久性が高ければ メンテナンス費を極力抑えることができる!

ということになります。

 

そこで  次のシーリング材を採用することにしました。

この高耐久シーリング材であれば、6000時間経過後も劣化がかなり抑えられていることがわかります。

約30年間、シーリングの打ち直しをしなくてよいということになります。

シーリングの打ち直し工事は

足場+シーリング打ち工事で 何十万円

かかります。

この高耐久シーリング材への変更は あまり高くないので、コストパフォーマンスは非常に高いです。

今年中に、30年ほぼメンテフリーの コスパ住宅を完成させます。

 

高耐震、高耐久、高断熱住宅で 30年間格安、快適、安心生活

 

素晴らしいと思いませんか?

次回は 30年フリーの布石となる、バルコニー防水について お話いたします。

一覧へ戻る