COLUMN 社長コラム

断熱材の比較~最も総合力が高いのは何?②

2020.10.31

インターネットでの評判などを見ていると、セルロースファイバーが人気があると感じます。

セルロースは新聞紙を原料とした断熱材です。

人気があると思われる理由は、殆ど欠点がない という評価が多く書かれているからだと思います。

今回も前回と同様に セルロースのメリットとデメリットを書いてみます。

 

メリットは次の通りです。

①調湿機能があるため、湿度の調整が自動で行われる。

②ホウ酸処理がされているので、防蟻効果がある。

③加工されている商品だと耐熱性を備えている。

④加工されている商品だと撥水性を備えている。

⑤遮音・吸音性能が高い。

 

断熱材に必要な機能は殆ど揃っており、性能面のデメリットは無いと私も思います。

唯一のデメリットは価格です。

 

①価格がかなり高い。

②熱伝導率が0.04と高い。

③上記機能を備えていない粗悪品が存在する。

 

①については 家の大きさによっては100万円以上のコストアップ

になると思います。

②もコストアップの原因となります。熱伝導率0.04というのは、高性能グラスウール16kの0.038よりも悪い数字となります。

ツーバイフォーの壁厚は89mmなので、性能を出すには絶対的な厚みが足りません。

ツーバイシックス又は外断熱工法が必要となります。

もともとの施工費が高いことに加えて工法の変更が必須となり、100万円では足りないことになります。

「100万円」という数字は普通の人にとっては、とても大きな数字です。

安くあげるために③のような粗悪品も存在しますが論外です(# ゚Д゚)

 

私は常々社員には言っているのですが、

「金を掛ければよい家が出来るのは当たり前

人件費を叩いて安い家を作るのはダメなやり方

住宅性能を落として安い家を作るのはダメなやり方

金ではなく知恵を絞って、よい家を作るのが工務店の仕事」

だと考えています。

金は知恵を絞った後の最終手段です。

 

金を掛ければ何でも買えます。金さえあれば誰でもできます。

土地建物で5000万円かけて 良い家を提案しても それを買えるのはごく一部の富裕者層だけです。

現代日本の富裕者層は わずか数パーセントという割合です。

このわずかな層のための家造りが、企業が社会と環境に貢献しているとはいえないと思います。

次回は 私が知恵を絞って考えた、コストを殆どかけずに住宅性能を飛躍的にアップする断熱材の紹介をします。

これがこの話題の本丸です。

一覧へ戻る