COLUMN 社長コラム

断熱材の比較~最も総合力が高いのは何?③

2020.10.31

少しペースが速いですが、時間があるうちに書いておこうと思います。

第3話でご紹介する断熱材は 「ロックウール」となります。

「え?! ロックウールはグラスウールと同じようなもんでしょ!」

と 拍子抜けする方もおられるかもしれません。

 

今回ご紹介するのは 住宅で使用されている袋に入ったロックウールではなく、「ロックウールボード」という商品となります。

この断熱材のメリットは次の通りです。

①断熱性能劣化が殆どない

②遮音性能がかなり高い (防音工事に利用されている)

③吸音性能が高い 

④耐火性能がかなり高い (融点1000℃)

⑤白蟻に貫通されない  (実験で確認済み)

⑥耐水、撥水性能がある (実験で確認済み)

⑦熱伝導率0.035(W/(m・k))の性能 (密度60kの場合)

⑧玄武岩から生成される自然素材

 

メリットが多いですね。

繊維系は水にぬれると断熱性能が低下すると言われますが、防水・撥水機能があるので 低下しません。

623482755.081638.mp4   ←実験動画

遮音性能の高さは他の断熱材よりも高いです。

耐火性能は抜群なので、延焼リスクがかなり低減されます。

白蟻はロックウールボードを食べません。

熱伝導率0.035というのは 高性能グラスウール32Kと同じ数値です。

自然素材なので、燃やしても有害ガスなどは殆ど出ません。

かなり 良い素材だと思います。

海外では 建築先進国のデンマークで標準的に使用される断熱材となっています。

 

では デメリットは 何でしょうか?

①価格が高い

②硬いのでグラスウールより施工しにくい

となります。

 

商品が良くても価格が高いとちょっと・・・

と尻込みされるかもしれませんが、

発砲系やセルロースほど高くはなりません。

寿命も長く、価格もそこそこで、基本性能も高い。

私が一番お薦めする断熱材となります。

次回は 文章ばかりで読みにくいと思うので一覧表を作成して分かりやすくしようと思います。

一覧へ戻る