COLUMN 社長コラム

次世代に引き継げる世界を作るために【環境編】

2022.05.14

欧州では軽油が300円/Lまで上昇してきました。

化石燃料を利用したエネルギー単価の上昇は既定

路線だと考えています。

世界では今後、風力や太陽光と原子力を主体とし、

石炭や石油等の化石燃料は削減する方向で固まっ

てきています。このまま何の改革もしなければ21世

紀中に地球の温度は1.5~2度の温度上昇が避けら

れないことは、IPCCの第6次報告書において間違

いないとしています。2021年の最新報告によると

人為起源の気候変動により、自然の気候変動の範

囲を超えて、自然や人間に対して広範囲にわたる悪

影響とそれに関連した損失や損害を引き起こしている」

ことに疑う余地はないと言い切っています。

IPCCは簡単に言うと国連と世界の優秀な科学者に

よって作られた報告書です。ぜひ全て読んで下さい。

IPCC報告書はここをクリック!←

日本のメディアは相変わらずこのような重要な

ニュースを詳しく報道しませんね。

毎年起きる大雨や洪水、台風、熱波などの異常気象

は温度上昇を抑えない限り毎年酷くなっていきます。

日本はこれに加えて大地震まで起きる国です。

2022年に生まれた子供は2100年に78歳

です。孫は現役世代です。我々の世代はもうこの

世にいないと思いますが、子供や孫の世代はまだ生

きています。地獄を見るかもしれません。

私はこのままでいいとはとても思えません。

日本お得意の既得権益や本音と建て前、現代の技術

では完全な解決は難しいとしても、

今現在出来る限りの努力をする必要が今の世代には

あると考えています。

当社ではこのような考えに基づき高断熱高気密住宅

や太陽光発電に力を入れています。

中古住宅の耐震断熱リフォームも今後取り組んでいく

予定です。

売れればよいとだけ考える利益至上主義の住宅メー

カーや、自己研鑽を怠る工務店とは真っ向から勝負し

ていきます。

一覧へ戻る