COLUMN 社長コラム

賃貸VS持家どちらが得? 詳細シュミレーション結果

2020.01.01

明けましておめでとうございます。 今年もどうぞよろしくお願いいたします!

正月休みを利用して、詳細なシュミレーションを行いました。

お客様によく質問される

「賃貸と持家はどちらが得なのか?」というお題です。

インターネット上には 色々な情報が転がっていますが、本当に間違いないのか疑わしいので、自分でシュミレーションソフトを導入して計算しました。

ですので、かなり正確な計算結果となっています。

シュミレーションの主な条件は以下のとおりです。

 

夫30歳 年収400万円 MAX年収550万円 退職金500万円

妻25歳 30歳から60歳までパートで年収100万円

貯金 200万円

 

年金は 本来もらえる金額の70%で算定

インフレ率は年率0.5%で設定

生命保険には加入せず、夫が掛け捨てのがん保険のみ加入

 

賃貸物件は 25坪 4LDKの新築 家賃85000円で設定

持家は 小佐井ZEH太陽光搭載の建売住宅を使用

 

ローン総額2500万円 固定金利0.85-1.15%

 

子供2人 長男5歳  県外国立大学まで

長女3歳  県内短大か専門学校まで

 

賃貸と持家以外は、ほぼ同条件の設定となっています。

 

例えば 生活費や車の買い替えなどの条件です。

戸建の場合、補修費が必要となりますが、それも計算に入れています。

では 結果の一部をご覧ください。 膨大な量になるので 資産の推移だけを抜粋して掲載します。

 

戸建賃貸の場合

65歳の時に1500万円の資産しか貯まらないため

 

75歳で破綻するという結果になりました。

 

子育てにお金がかかる時期にも 高額な家賃のため 資産がマイナスとなっており、生活ローンの検討が必要です。このローンは高金利商品となります。

これを防ぐには もっと安い賃貸住宅に引っ越さなければなりません。

ですが、

若い頃は狭いアパートで辛抱し、老後も狭くて汚いアパートに引っ越さないといけない。

そんな生活はしたくないな。。。  と思うのは私だけでしょうか?

 

次に 持家です。

持家 ZEH建売30坪 小佐井の場合  資産推移抜粋 ネット掲載用.jpgのサムネール画像のサムネール画像

いかがでしょうか。  かなり 良い結果だと思いませんか?

資産がマイナスになることはなく、

 

65歳のときの老後資金は3000万円を超えています。 

 

老後資金の減り方も緩やかです。これは主に「家賃の支払い」がないからです。

 

それと もう一つの理由は

 

太陽光発電システムによる電力自給

と、

高性能住宅化による補修費の軽減

 

による「ライフサイクルコストの低さ」です。

 

同レベルの生活水準を保つ」のであれば 賃貸に一生住み続けるデメリットのほうが大きいとことがわかります。

 

さらに 持家にはもう一つ大きなメリットがあります。

 

売却して現金化できるということです。

 

子供への親の介護施設費用の負担軽減。。。

子供への将来の資産として残せる可能性。。。

 

このメリットはかなり大きいです。

 

老後の事を考えるのであれば、早い段階で 賃貸から持家(高性能住宅)にシフトすることをお勧めします。

ここまで考えて 住宅ローンを組めば 安心した生活ができると思います。

エシカルハウスでは 将来設計まで考えた ご提案が可能です。

一覧へ戻る