COLUMN 社長コラム

電気自動車の実際(有用性)

2020.02.28

最近 新規のお客様が増え、新商品の開発にも時間を割いているので、なかなか記事が書けずにいます。

今回は 電気自動車について 書きたいと思います。

エシカルハウスでは社用車として日産のリーフを使用しています。画像のもので1つ古いモデルです。

平成27年式 後期型 電池容量 30kwとなります。

現在走行距離、3万キロ 満充電した直後の メーターをアップします。

右側を御覧ください。

166kmというのが 走行可能距離となります。

リチウイオン電池の劣化は 右端の 下が赤い目盛り(セグ)になります。

現在1つセグが欠けていますが 許容範囲です。 5年目なのでリチウムイオン電池の経年劣化でしょう。

大体10年位が電池の寿命とされていますが、走行距離が短くなるだけで、10年以上走ることは可能です。

最初の頃は満充電で190km位だったと思います。

走行距離は目安程度で、

 

節や乗り方、状況(エアコン、アクセルの踏み方、坂道など)

 

などにより 大きく変わります。

どちらにしても、この走行距離だと、遠距離の走行はかなり大変です。

試しに福岡までドライブに行ったことがありますが

往復で 計3回充電しました。30分✕3=90分の待ち時間です。

ですが、普通の人は毎日の生活の中で160km以上走る日は殆どないはずです。

つまり

セカンドカー、半径50キロの通勤用、営業車としては最適です。

 

軽自動車は 新車で200万円位します。中古でも結構高いです。

リーフの中古は とても安いです。 

3万キロ以下の車がゴロゴロ転がっています。

ネット検索してみてください。 https://www.goo-net.com/php/search/summary.php

150万円も出せば 良い状態のものが沢山あります。

200万円出せば 現行型もあります。軽自動車の新車と同じです。

リン酸鉄リチウムイオン電池の相場が kw/15万円程度なので、

 

破格の安さだと思います。

 

軽自動車をセカンドカーとして利用するのは 経費が安いからだと思います。

リーフの中古は軽自動車よりもランニングコストが安いです。

 

・ガソリンが不要、太陽光発電を併用すれば 燃料費がかからない。

・車検と税金が安い。

・オイル交換がなく、メンテナンスコストが安い。

 

この3つの要素を考慮すると 軽自動車より維持費は安くなります。

さらに 乗り心地がよい。エンジン音がなく静か。室内が広いです。

車の構造がシンプルなので、リチウムイオン電池を交換すれば新しく車を買い換えるよりも 安く済みます。(24kwで60万円位)

今後リチウムイオン電池はさらに安くなります。

中国では既に kw/5万円で 売っていますので 時間の問題です。

また、エシカルハウスの住宅には殆ど太陽光発電システムが搭載されていますので、充電用コンセントを設置すれば、セカンドカーの燃料費をほぼ0円にすることは十分可能です。

毎月5000円の燃料代の節約は 30年間で180万円となります。

意識しなくてもそうなります。 とても良くないですか?

エシカルハウスの「高性能」太陽光発電システムは30年間で270万円の利益が見込めるので

なんと 450万円!の貯蓄が可能となります。

太陽光発電をしていない、電気自動車に乗っていないという家庭とこれだけの差が出ます。

金融庁が「老後資金は2000万円は必要」と、うっかり漏らしてしまったのは皆さんご存知だと思います。

私は このニュースが出るかなり前からずっと考えていました。

高額な新築住宅を売る立場の者として、高額品を売るだけではなく、高額品を買って頂いた施主様が大きな苦労をせずにこの老後資金を形成する方法を見つけなければと・・・。

勿論太陽光と電気自動車だけでは足りないので、財テクが必要になります。

(この記事でも 財テクについて、近日中にアップします)

太陽光+電気自動車+財テクで 2000万~3000万貯まる計算です。

年金と退職金は別です。

未来は不確実ですが、 「何もしなければ 1円も貯まりません。」

それは確実な未来です。

 

次回は 「メインカーも 電気自動車にする」記事を書きたいと思います。

これで さらに 燃料代を安くすることが可能となります。

私が既に実践していることですので 本当の話です。

一覧へ戻る