COLUMN 社長コラム

2✕4(ツーバイフォー)工法 湿気の問題について

2019.05.08

今回は 2✕4工法がインターネット上で よく書かれている 批判についてです。

一番多いのが 「湿気に弱いので日本の風土に合わない」というものです。

2✕4工法が日本で建築され始めたときは、確かに湿気によって躯体が腐ってしまった例もあるようです。 30年以上前の住宅は、外壁と柱の間に空気が抜ける通気層がなかったため 耐力面材を施工する2✕4工法は 気密化されていることから 室内の湿気が籠もりやすく そのような指摘があったのだと思います。

しかし 2019年現在の住宅では かなり改善されています。

理由は次のとおりとなります。

 

・外壁と耐力面材の間に空気が抜ける通気層があること

・24時間換気システムが建築基準法で義務付けられいること

・湿気が住宅の構造部分を伝って小屋裏まで到達し、結露を発生させるのは何十年も前の住宅のことで、現在ではそのような住宅は建築していないこと

 

湿気に弱い 外材を利用しているので、木が腐るというのも 違います。

工法が間違っている場合 SPFでも米松でも日本杉でも湿気で腐ります。

耐力面材となる構造用合板を建物の外周に貼り付けるので 気密化され、湿気も籠もりやすく、夏も暑くなる というのも ツーバイフォーに限ったものではありません。

在来軸組でもツーバイでも 湿気は工法によるものです。 合板を貼るか、貼らないか

それが 湿気に大きく関係してきます。 その点についてのみ 対策は必要です。

夏暑くなるのは エアコンを設置せずに自然の風だけで生活をする場合です。

わざわざ新築を建てて 猛暑の中で、エアコンも付けずに生活する方はいないと思います。

エシカルハウスでは 湿気の問題についても対策を講じております。

安心して2✕4工法を選択していただければと思います!

一覧へ戻る