COLUMN 社長コラム

G2グレード高性能住宅VS平成28年省エネ住宅 リビングの室温

2019.10.31

これから 何回かに分けてエシカルハウスの高性住宅ZEROと大分の建売市場では高性能と言われている 平成28年省エネ住宅の違いを 書いていこうと思います。

今回は「室温編」です。

 

条件  建物の間取りと立地条件は同じものを使用 性能値のみを変更

 

まずは 高性能住宅ZEROの 室温です。 次のグラフをご覧ください。

 

冬場は 深夜0時に 室内温度23度にするために21時から24時までエアコンで温度を上げています。

それ以外の時間帯は エアコンは使用していません。

それでも 室内温度が15度を切ることはありません。

 

夏場は  朝の8時から深夜0時まで エアコンを27度で付けっぱなしです。

近年の猛暑はエアコン無しでは市街地での生活は厳しいです。

室内の温度が一定に保たれている

ことがわかると思います。

 

では 次に 平成28年省エネ住宅の グラフを 御覧ください。

冬場のエアコンの条件は同じです。ですが、、、

室内温度は朝の6時には15度を下回ります。

21時からエアコンを稼働させても深夜0時に高性能住宅のように 23度になりません。

深夜0時に23度にするためには 高性能住宅よりも多くの電気代を消費することがわかります。

グラフでは10度は下回っていませんが実際は 住宅の気密性が悪いので さらに温度は低くなります。 

おそらくですが 10度を切ると思われます。 

次に夏場です。 こちらが大問題です。

同じ条件でエアコンを稼働させています。 ですが、

室内温度が12時には30度を超えています。 

これは

エアコンの最大能力が不足している ことを 示しています。 

シュミレートでは両方とも

14畳用のエアコンを23畳のリビングに利用しました。

エアコンの能力が足りてないということは

・高額なエアコンを購入しなければならない

・多くの電気を消費する

ということになります。

高性能住宅は快適でさらに省エネです

一つ疑問がありませんか? 

 

平成28年省エネ住宅は14畳エアコンでは 能力が足りません。

では 何畳用のエアコンを付ければよいのでしょうか?

これを 次回の 比較材料といたします。

一覧へ戻る