COLUMN 社長コラム

G2グレード 高性能住宅 VS 28年省エネ住宅 リビングエアコンの必要能力

2019.10.31

前回は 室温に大きな差が出ることを 書きました。

今回は 28年省エネ住宅のリビングには 何畳用のエアコンが必要となるかの答えを探そうと思います。

まずは 高性能住宅ZEROが 14畳エアコンで良い

理由を説明します。

次のグラフを御覧ください。

一番右の エアコン最大能力の 数値が 7660W となっています。

14畳エアコンの最大能力は 次の表を御覧ください。

表の中で 見るところは 能力の箇所です。

暖房は 11.5KW(11500W) です。

グラフで必要とされた7660Wを大きく上回っていることがわかります。

実は 高性能住宅ZEROの場合

暖房は 6畳エアコンでも足りてしまいます。

14畳エアコンとなっているのは 冷房能力の確保のためです。

上記表では 冷房は5.3KWとなっています。

冷房能力は暖房能力の半分しかない

のが全てのエアコンの基本的性能です。

では 次に 冷房を見てみましょう。

暖房と計算過程が異なり、暑い時間帯の最大能力が記載されています。

16時のエアコン最大能力が5867Wとなっています。

14畳エアコンの最大能力は5.3KW(5300W)ですので 少し足りません。

ですが、この程度の誤差であれば 問題は有りません。

室温シュミレーションでも 快適な温度が維持できていたのは前回のとおりです。

最大能力で稼働するのは1日のうち

14時から17時の3時間だけです。

 

では 次に 28年省エネ住宅を見てみましょう。

まずは 暖房です。

最大能力は  12536W です。

14畳エアコンの能力が11500Wなので能力がわずかに不足しています。

しかし 28年住宅は 無暖房では室内温度の維持ができない のでフルパワー稼働が長時間行われることになり、電気代が増大します。

一般的な住宅が 冬の暖房費が高くなるのはこれが理由です。

 

では 次に 夏場を見てみます。

前回の 室温シュミレーションで 室内温度の維持ができなかった理由がこれを見ればわかります。

朝から夕方まで ほぼ14畳エアコンの最大冷房能力5300Wを超えています。

これでは涼しくなるはずがありません。

最大必要能力が16時代で 7795W となっているのでこれに該当するエアコンを探しますと、、、、

23畳~26畳用のエアコンが必要となります。

ちょうど リビングと同じ広さですね。

家電量販店で エアコンはワンサイズ大きいものが良いと勧められることがありますが、省エネ性能が低い住宅ではあながち間違ってないかもしれませんね。。。

23畳~26畳用のエアコンは

14畳エアコンの2倍以上の電気を消費します。

電気代が夏場 やたら 高いのは これが理由となります。

 

28年省エネ住宅でも光熱費が高く不快 資産価値は低い

28年省エネ住宅以下の住宅は問題外  資産価値は低い

高性能住宅ZEROは光熱費が安く快適 資産価値も高い

 

ということになります。

 

では いったい 年間で どのくらい光熱費の差が出るのでしょうか?

これは また次回とさせていただきます。

一覧へ戻る