COLUMN 社長コラム

G2グレード 高性能住宅 VS 28年省エネ住宅 住宅の結露の比較

2019.10.31

お金に直結する光熱費の比較をする前に もう一つ 重要な比較データをご紹介します。住宅の結露についてです。

冬の寒い日、窓周り 主に「サッシ」部分に水滴が付いていると思います。

これが結露です。

結露は カビによる健康被害や躯体腐食による住宅寿命を縮める最大の敵です。

窓・サッシは  比較に グラフは不要です。 結論は次のとおりです。

アルミサッシ・一般複層ガラス・単板ガラス→大分でも必ず結露する

アルミ樹脂複合サッシ→生活スタイルによっては大分でも結露する

樹脂サッシ→大分では 真冬でも ほぼ結露しない

最低基準クリアの平成28年省エネ基準適合住宅はアルミサッシ+一般複層ガラスを利用しているので

窓もサッシも必ず結露します。

ですが 結露は窓周りだけではなく 壁内 でも 起こっています。

次に壁内結露の比較を行います。

 

比較対象↓

 

高性能住宅ZERO 

   VS 

平成28年省エネ住宅(ツーバイフォー工法)   

 

在来工法で建築した建物は耐震用に構造用合板を外周に貼らなければ壁内結露の問題は起こりません。 その代わり 地震に弱く 光熱費は増加します。

地震対策のため 外周に合板を貼った家は、工法を問わず問題となります。

 

では まずは 高性能住宅ZEROの データを掲載します。

測定条件は  過去10年間の大分市の気象庁のデータのうち最も結露が起こりやすい日のデータを使いました。 それが次の条件です。

 

室内温度20度 湿度60%  室外温度マイナス1.3度 湿度59%   

 

冬場に結露が出る部分は 外壁側になるのですが、

高性能住宅ZEROでは結露は発生しない という結果になりました。

 

では 次に 平成28年省エネ住宅でを見てみましょう。

グラフの中の 青い線と赤い線が 交錯しているため

確実に壁内結露が発生します。

この条件下で これだけの広範囲で結露が生じるということは

外気温がもっと暖かくても 結露が発生する可能性が高い

ということです。

 

壁内結露は 次の写真となります。

黒カビだらけで木材は腐食しています。

断熱材は外していますが、おそらくカビだらけです。

年がら年中黒カビの胞子が室内を舞っていたことになります。

ハウスダスト以上に恐ろしいことです・・・。 私は絶対に嫌ですね。

壁内結露の発生は 日常生活ではなかなか気づきません。

カビがクロスの上から浮いてくる頃には中はもう真っ黒でしょう。

 

20年以上経過した ある日

リフォームをしようと思い 壁を剥がしたときに驚愕することになります。

この場合の 修繕費は 計り知れません。

 

元に戻すには 少なくとも数百万円の補修費が必要となります。

これは 脅しでもなんでもなく 事実です。

躯体が腐食して損傷が酷い場合は、

(といっても 写真のように躯体も一緒に腐食しているのが普通ですが)

補修が不可能、最悪建て替え となる可能性もあります。

腐っているので耐震性能が著しく低下しています。

 

細かい話ですが、写真は 合板に「OSB」を利用しているためさらに壁内結露を促進させています。

OSB合板は 価格が安いので ローコスト系で多用されています。

大東建託のツーバイフォーのアパートは 全てこのOSBを利用しています・・・。

ツーバイフォー工法にOSBを利用したり、壁内結露対策を全く行わない工務店はツーバイフォー工法を使う資格はないと私は思っています。

そんなことになるとは知らなかった というのも同じです。

日本は外国に比べ相対湿度が高いため、アメリカ発祥のツーバイフォーをそのままやってしまうことは厳禁です!

少し脇道にそれましたが、 高性能住宅ZEROでは 壁内結露の発生確率は極めて低いので、長期間 快適に 低コストで住むことが可能となります。

ZERO以外の他の商品も 壁内結露対策の追加工事を選択できます。

 

では 次回は 光熱費の比較を したいと思います。

一覧へ戻る