COLUMN 社長コラム

G2グレード 高性能住宅 VS 28年省エネ住宅 光熱費、35年コスト比較

2019.10.31

シリーズで書いてきた G2VS28年省エネ住宅 ですが 今回が最後です。

一番気になるポイントとなる 光熱費の比較を検討します。

 

光熱費だけではなく、35年間に必要となる 補修、交換費用なども実際の出費に近づけるため 計算しました。

 

まずは 消費エネルギーです。

データ①が高性能住宅ZERO  データ②が28年住宅です。

暖房と冷房の消費電力に大きな差が出ているのがわかります。

光熱費のかかる 真夏と真冬のエネルギー消費量にかなりの差が出ます。

右側の黄色の部分 自家消費分41,351円というのは 高性能住宅ZEROが太陽光発電システムを搭載しているため、昼間の電気を自家消費していることを示しています。売電は最初の10年は加味していません。

では 光熱費とランニングコストの表を 掲載します。

35年間で2,926,056円 高性能住宅ZEROがお得となりました。

表を見ると 太陽光を除いた光熱費の差額は

162,337円-130824円=年額約32000円程度になっています。

実際は、気密値の差があるため、もう少し光熱費に差が出ることになります。

(この光熱費シュミレーションは ある一定の条件で行ったものなので、実際の数値は 共働きで 日中 家に人がいない時間が長い場合は、まだ光熱費は下がることになります)

これに太陽光発電による自家消費を加算すると

年間にして 72,864円 高性能住宅ZEROがお得になります。

11年目以降からは わずかですが 売電を加味することにより、

年間光熱費が

高性能住宅ZEROは 54,588円 

28年住宅は     182,137円

となり 金額にして127,549円という大きな差が出るようになります。

しかし これだけでは 292万円の差は生まれません。

差が生まれる 理由は メンテナンスコストにあります。

詳細はここには記載しませんが、

最低基準の28年住宅は 外壁や屋根などの仕様も低いことが多い ため、

補修をしなければならない時期が早くやってきます。

ここでも大きな差が生まれます。

前回 壁内結露を放置した場合の 経済的損失は 数百万円と 書きましたが、ダメージが軽微で 補修できる 場合は 約300万円位は必要となります。

結露被害まで加味した コスト差額は 600万円 近い差となって返ってきます。

最後になりますが、お客様が家を買おうと検討するとき、なるべく 初期費用を安く抑えたい! となぜ考えるのでしょうか?

それは 月々の支払額(支払総額)を減らしたい! からだと思います。

最後に 実際の 月々の支払額を 比較してみましょう。

 

★28年省エネ住宅の場合★

35年間

ローン支払い額  毎月44,036円

光熱費支払額   毎月15,200円

合計月額59,236円

 

★高性能住宅ZEROの場合★

当初10年間

ローン支払い額  毎月49,682円

光熱費支払額   毎月 9,100円

合計月額58,782円

 

11年~35年間

ローン支払い額  毎月49,682円

光熱費支払額   毎月 4,600円

合計月額54,282円

 

なんと 初期費用を抑えて月々の支払額を抑えることが目的であったのに、

高性能住宅ZEROのほうが35年間、月額支払額が少ない のです。

さらに 定期的に発生するメンテナンスコストは、高性能住宅ZEROのほうが安く抑えられます。

初期費用を上乗せすることで。。。

 

1.月々の支払額を抑えられる(当然総額も安い)  

2.メンテナンスコストを抑えられる

3.住宅の資産価値が高まる 

4.室内がいつも快適となる 

5.室内が快適なので子供の健康被害も少ない

 

と良いことばかりになります。

当然ですが、

光熱費や修繕費はローン支払い後の35年経過後も発生します。

30歳でローンを組んで65歳で完済、85歳まで生きればさらに20年間、高い光熱費を 少ない年金から払う羽目になります。

貯金を切り崩して補修費を支払いことになります。

 

新築を建てるのであれば

+200万円は「初期投資」として 高性能住宅を選択したほうが

後から返ってくるものが大きい ということです。

一覧へ戻る